メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > マジック 手品番組 > 香取慎吾 輪ゴム マジック

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

香取慎吾くんが笑っていいともで見せた輪ゴムマジック

香取慎吾 輪ゴム マジック 種明かしについて紹介します。

 

 

笑っていいとも増刊号(2010年6月27日放映で、香取慎吾くんが輪ゴムマジックを披露していました。

 

 

現象としては、両手の人さし指と親指にかかっている輪ゴムを内側に交差させて、押したり引いたりしているうちに、はずれてしまうという現象です。

 

 

最初に、慎吾くんは、自分の両方の指にかけた状態でこの輪ゴム手品をおこなっていました。

 

 

そのあとで、ロンブーの亮さんが1本の輪ゴムを持ち、香取くんが、1本の輪ゴムを内側にかけて、横にスライドさせたり、押したり引いたりしているうちに、外れてしまっていました。

 

 

自分で2本使って披露した後に、次は相手に持ってもらって、この輪ゴムの貫通マジックをすることによって一層、ウケることとなります。

 

 

この輪ゴムマジックの種明かしは、指に使い方あります。

 

 

指をうまく使うことによって、輪ゴムを持ちかえることによって、貫通したような現象を見せることができます。

 

 

ただ、上達するにはかなり練習をしなければならないです。

 

 

この輪ゴムマジックの種明かしを知ってもすぐには、人に見せることはできないでしょう。

 

 

香取慎吾くんは小学生くらいからやっていると言ってましたが、テレビで披露するとなると、相当の緊張感も走りますので、よほど、普段から練習していなければ、カメラが回っているところでスムーズに披露することはできないかと思います。

 

 

ただ、しっかりと身につけてしまうと、タネがバレにくい輪ゴムマジックです。

 


正面はもちろん、横であったり、後ろから見てもこの輪ゴムマジックの種明かしはわかりにくいでしょう。

 

 

ですので、香取慎吾くんのようにテレビで何度も披露することができます。

 

 

この輪ゴムマジックは、あらかじめ何かを準備するとか、輪ゴムに種を仕込むなどの必要もないので手軽に、即席で見せることができます。

 


飲み会などで、見せることができれば、かなりウケる輪ゴムの手品であることと思います。


興味のある方はぜひ、この輪ゴムの手品をマスターしてみてください。

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組