メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > マジック 手品番組 > ザクリス 超能力者

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

ザクリス ギリシャの超能力者は本物か!?

見破れ!! トリックハンター2013年9月23日放送に、

 

 

ザクリスというギリシャの超能力者が登場。

 

 

ザクリスは、予知能力100%という超能力者として紹介された。

 

 

ギリシャの超能力者ザクリスは、スプーン曲げで有名なユリ・ゲラー主催の超能力コンテストで、以前、優勝した人物だという。

 

 

Dr.レオンは、お笑い芸人カンニング竹山と一緒に、来日したザクリスが待つ洞くつへ行った。

 


ここで、ザクリスは、棺桶ロシアンルーレットを行う。

 

 

竹山は3枚の紙にはFIREと書き、1枚にはSAFEと書いた。

 

 

それらを封筒に入れて、シャッフルした。

 

 

ザクリスは予知を行い、棺桶に入った。

 

 

その棺桶に入る際に、黒い幕で棺桶を隠し、ザクリスはどの棺桶に入ったか分からない。

 

 

その棺桶には、フタをし釘を打ちつけた。

 

 

そして、カンニング竹山は、封筒を開け、その紙に従ってFIREと書かれた番号の棺桶に、スタッフに火をつけさせた。

 

 

最後に残ったSAFEの封筒が書かれた番号の棺桶に、ザクリスは入っていた。

 

 

予知能力が成功した!?

 

 

しかし、2回目の棺桶ルーレットを行った際に、Drレオンは確信をもった。

 

 

それは、封筒に小さな切れ目があったというのだ。

 

 

ここで、Drレオンがザクリスに、レオン側が用意した封筒で同じ予知を行ってほしいと提案したが、ザクリスは断った。

 


ここで、超能力ではなく単なるトリックであるということが確定された。

 

 

確かに、録画を見てみると、ザクリスは、棺桶に入る前に封筒を見ている。

 

 

封筒を見てから、棺桶に入っているのだ。

 

 

ただ、棺桶に入る際には、幕をかけてどの棺桶に入ったか分からないようにした。

 

 

このように見せることによって、観客は幕の奥で何か仕掛けがあるかもしれないと、意識が働いてしまう。

 

 

このため、まさか封筒のほうに仕掛けがあるとは思わないのだ。

 

 

さらに、竹山は封筒とFIREと書かれた紙を燃やしてしまった。

 

 

こうすることによって、封筒に仕掛けがあるという証拠を消すことができた、ということだ。

 

 

一見、怪しいと思うとこを見せておいて、実は本当にトリックを仕掛けていたのは、まさかこんなところに、という死角をついたマジックだったのだ。

 

 

ザクリスさんが言うには、このトリックはあのユリ・ゲラーさへ見抜けなかったという。

 

 

マジですか!?

 

 

Drレオンがいうとおり、この予知能力の種明かしは大胆かつ巧妙なトリックだという。

 

 

Drレオンは2回目の時に、竹山に3枚目の封筒と紙は燃やすフリをするだけで、横に置いておき、とっておくように指示した。

 

 

最後に、残ったSAFEに入った封筒と、3枚目に空けた封筒を見比べると、間違いなくSAFEに紙が書かれた封筒に端には、小さな切れ目があった。

 

 

本当に単純な仕掛けであったが、注目するところを別のところに意識をもっていかれたため、分からなかった。

 

 

ザクリスは超能力者ではなかったとなりましが、こうして、日本のテレビ番組で紹介されたことによって、深く日本人の記憶に刻まれましたね。

 

 

そのうち、どこかのマジック番組に出演するだろうと、私は予知します。


 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組