メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > マジック 手品番組 > マギー審司 課外授業

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

マギー審司流マジック 課外授業ようこそ先輩で気仙沼を元気に

マギー審司さんのマジックが課外授業ようこそ先輩にで伝授されました。

 


絆のロープが、震災で一度切れてしまいました・・・

 

 

でもこれを一本にします。再び絆がつながりました!

 

 

これは、仮設住宅で暮らす人たちの前で小学生が演じたロープ切りの復活マジックです。

 

 

素晴らしい表現力だと思いました。

 

 

このシーンを見た瞬間に私は涙がでてきました。

 

 

こんなシンプルなロープ切りマジックが、これだけ人を感動させることができるんだなと。

 

 

2011年11月12日放送のNHKの番組「課外授業 ようこそ先輩」にマジシャンのマギー審司さんが登場。

 

 

マギー審司さんの母校である、南気仙沼小学校は東日本大震災によって大きな被害をうけました。

 

 

その後、マギー審司さんは、現在宮城県気仙沼市小学校で間借りしている、母校の南気仙沼小学校の生徒たちに、マギー審司流のマジックを伝授しました。

 

 

今回の授業の課題は、「マジックを利用して身近な人を楽しませること」であった。

これは、マギー審司流マジックの原点であると思いました。

 

 

子供たちから、出てきた身近な人とは、家族や、仮設住宅に住む人たち、商店街の人たちなどだった。

 

 

マギー審司流のマジックはただ単に、マジックを披露するのではなく、そこに「笑顔を届けること」「相手の気持ちを思うこと」が込められている。

 

 

それを表現するために、どんな言葉を入れたらよいのか?

 

どうすれは喜んでもらえるのか?

 

ということを考えることを生徒たちに伝えていたのだ。

 

 

そして完成されたマジックは、まさに子供たちにとってオリジナルのマジックとなるのだ。

 

 

普段、母親に対して言えない感謝の気持ちであってもマジックを使うと素直な気持ちになり伝えることができるのだ。

 

 

カップにピンポン玉が入っている。そのピンポン玉が動くというマジックがある。

とてもシンプルであり、タネもすぐ分かるような仕掛け。

 

でも、そんなマジックに

 

「希望のボールが動かなくなった・・・」

 

「その希望のボールが元気で動けるようになった!」

 

すごくシンプルだがそんな言葉とマジックが見ている人に、元気と笑顔を届けてくれる。

 

 

チェンジングバッグから出てきたもは、手紙であったり、伝えたいメッセージなど。

 

 

私は、マジックってこのような表現の仕方があるのだと、改めて実感しながら、涙を流しながら見ていました。

 

 

マジック自体にスゴさはいらない。それを利用して、どのようにメッセージを伝えるかが大切であるのだな、このような表現の仕方があるのだな、 と思いました。

 


でも、これができるようになるには、やはり練習は必要である。

 

 

マジックは人前で話をする、手を動かすなど、手と口がスムーズに出てくるよういならなければいけない。

 

 

これは、繰り返しの練習が欠かせない。

 

ある小学生は、練習にもかかわらずイザ、生徒たちの前でマジックを披露しようとしても、体が固まって動かなくなってしまった生徒がいた。

 

 

でも、これはこの生徒の気持ちがよく分かります。

 

 

特にマジックって、本当に人前にたった瞬間に言葉は出てこなくなり、固まってしまうのです。

 

 

これはもう慣れしかないのです。回数を行って慣れていって自信がついて、次第にうまっくなっていくものなのです。

 

 

でも、その生徒は本番ではうまくやっていました。

 

本当にがんばりましたね。

 

 

また、緊張をほぐすために、マジックの当日は、大声を出す練習なども行っていた。

 

すごく大切なことです。私は移動中の車の中でよくやります。

 

 

あなたならマジックを使って何を表現しますか?

 

これを書いていて私が思い出したのは、昔、新聞紙の復活マジックを行ったときに、

「時代はエコなのでリサイクルします」、というセリフを添えて行ったことがありました。

 

 

ちょっと堅いイメージだったので、あまりウケるまではいかなかったのです。

 

でも、やってみることが大切ですね。

 

 

今回のマギー審司さんの課外授業をきっかけに、またいろいろ考えてみようと思いました。

 

 

あなたも、マジックを覚えて、人に伝えたいメッセージをマジックで表現してみてはいかかでしょうか?

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組