メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > マジック 手品番組 > ジャグリング水晶玉をマスター

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

ジャグリング水晶玉をマスターするならFUSIGI BALL

ジャグリング水晶玉のをマスターするなら、最近よくテレビでみかけますが、水晶玉を使ってパフォーマンスができるようになるFUSHIGIというボールがあります。

 


バンダイから、発売された水晶玉によるコンタクトジャグリングができるのは、FUSHIGIというボール。

 


全米では1年間で350万個以上も売れたという水晶玉なのです。

 


日本でも2011年10月15日に発売になったばかりです。

 

 

FUSHIGI (Standard Ball)

 

 

2011年11月3日のひるおびを見ていたのですが、おこたんぺという方が、水晶玉を使ったジャグリングを披露していました。

 


おこたんぺさんという方を初めてテレビで見たのですが、世界中を回っているコンタクトジャグリングを披露しているパフォーマーなのだそうです。

 


ひるおびでおこたんぺさんの演技を見ていたのですが本当に水晶玉がフワフワと浮いているように見えるのです。

 

 

手品やマジックではなく、指や手の使い方によって、宙に浮いているように見せるのです。

 

 

なんだか手品のゾンビボールにも似ていると思っていたのですが、そうではなく単なる水晶玉なのですね。

 

 

あくまでテクニックだけを使って、あやつるというもの。

 

 

バンダイのFUSHIGIには、水晶玉の他にも、やり方のDVDが付属しているというので、これを見ながら練習することによって、水晶玉ジャグリングをマスターすることができるそうだ。

 

 

このようなジャグリングは手品の合間に入れて面白いかもしれないですね。

 

 

それこそ、ゾンビボールなどを使うときにも、ジャグリングテクニックを取り入れると、注目度が違ってくるかと思います。

 

 

最近は練習しなくなってすっかりできなくなりましたが、シカゴの4つ玉をやるときにも使えないかなって思ったりもします。

 

 

私は、まだこのようなテクニックを使いこなすことができません。

 

 

もっとも練習をしていないからなのですが、このFUSHIGIボールをきっかけに、ちょっと練習でもしてみようかなと思っています。

 

 

テクニックを解説しているDVDも付属でついてくるというし。

 

 

FUSHIGI (Standard Ball)

 

 

また、この水晶玉ジャグリングでのテクニックを覚えておくと、手品のパフォーマンスにも応用することができるかと思います。

 

 

水晶玉ジャグリングといったら、MASAKIさんというジャグラーもよくテレビで見かけていました。

 

 

私が見るかぎり、MASAKIさんがいちはやくテレビでこの水晶玉パフォーマンスを披露していたのではないかと思いました。

 

 

あんな水晶玉パフォーマンスができたらいいなぁなんて思っていたのですが、FUSHIGIが販売されたことによって少し一般人にとっても身近なものになりつつありますね。

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組