メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > マジック 手品番組 > 二宮和也、マジックもテーブルクロス引きも上手

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

嵐にしやがれ、二宮和也はマジックもテーブルクロス引きも上手

嵐の二宮和也さんって、カードマジックを得意としているので、器用といいますか、コツをつかむのがとても上手だと思いました。

 


ニノはマジックをやっているので、テーブル引きのようなかくし芸的なことを身につけるのが共通して、得意なのでしょう。

 


2010年6月19日に放映された、嵐にしやがれ。

 


当日の兄貴ゲストはマチャアキこと堺 正章さん。

 


堺 正章さんといえば、ミスターかくし芸と呼ばれている方。

 


フジテレビで毎年放映されていた新春かくし芸大会では、必ず最後のトリをつとめていました。

 


そんな堺 正章さんが嵐にしやがれで、嵐のメンバーに伝授したのはテーブルクロス引き。

 

 

堺 正章さんが言うには、テーブルクロス引きのコツは、テーブルと並行にクロスを手前に引くこと。

 


手前に引くときは、腕だけでなく身体全体で引くとのことだった。

 


嵐のメンバーがそれぞれ実演するのを見て、堺 正章さんは二宮和也さんがとてもうまいと褒めていました。

 


堺正章さんも二宮和也さんもマジックをするのでお互いの何かコツといいましょうか、マジシャン同士の雰囲気というのが、堺正章さんも、二宮さんから伝わってきたのかと思いました。

 


私が見た限りでも、ニノのテーブルクロス引きにはスピードがあって、体勢と安定感があったと思いました。

 


ニノはマジックをやっているだけに、コツをつかむのと集中力があると思いました。

 

 

マジックをすると、このようなコツをつかむ要領とか集中力といったものが、高まるのでしょうね。

 


でも、せっかく堺 正章さんが出演してくれたので、二宮和也さんとのマジック共演なんかも見られたらよかったと思いました。

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組