メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > マジック 手品番組 > ロボットのぞみ ニノさんに登場

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

ロボットのぞみさんは、パントマイミストであり、パフォーマンススクールの学長

2016年8月17日放送のニノさんでは、珍しい専門学校が続々登場していました。

 

 

その中で、興味深かったのは、パフォーマンスの専門学校でした。

 

 

ジャグリング、マジック、パンマイムなどを教えてくれるそうです。

 


専門学校の名前が「特殊技術スクールRPG」といって、プロのパフォーマーを目指す人が通う専門学校です。

 

 

まだ、開講して2年ほどです。

 


学費が出ていました。

1年コースで90万円
2年コースで180万円

です。

 

 

この金額を聞いて、高いと思いました?

私は安いと思いました。

 

まぁ、パフォーマンスはお金払ってでも身に付けたいものですし、一度身に付いたら一生ものです。

 

 

それに、ある程度の技が身に付けば、それなりに依頼がくるので、長い目でみれば回収することは可能かと。

 

 

今まで自分が、マジックで費やしてきた金額から考えば最短コースなんじゃないかと思います。

 


とは言っても、本当に興味が続かなければ無駄になってしまいます。

 


番組では学校へ通う生徒さんに「なんでここに来たのか?」インタビューしていました。

 


その答えが、「ロボットのぞみ」さんが学校を作ると知って入学した、とのことです。

 


学長のロボットのぞみさんは、世界的に有名なパフォーマーで、嵐の松本潤さんも絶賛している方です。

 


その他にも、この学校では、ジャグリング世界チャンピオンやアニメーションダンスの全米チャンピオンなど、超一流のパフォーマーが講師として在籍しているそうです。

 


生徒さんの中には、本職が保育士さんという方も通っていました。

 

 

子どもたちの前でパフォーマンスでたのしませたいという思いで通っているのです。

 

 


スタジオでは、学長のロボットのぞみさんが登場して、パフォーマンスを見せてくれました。

 

 

ロボットのぞみさんは、パントマイムで現代社会が抱える問題を表現する超人気パフォーマーです。

 


ロボットのぞみさんは、子どもを抱きしめている様子で戦争に巻き込まれているようなメッセージ性のあるパフォーマンスを見せてくれました。

 

 

パントマイムなので、どちらかというとコメディ系かと思いましたが、全く違って、命・いじめ・愛・戦争・環境をテーマとした、パフォーマンスをされる方だったようです。

 

これから注目していきたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組