メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 手品上達のコツ > 手品の3原則 種明かしをしない

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

手品の3原則 種明かしをしない

手品の3原則【サーストンの3原則)の3つ目は、手品の種明かしをしてはならない、ということです。

 

これも基本原則としてしっかりと覚えておきましょう。

 

たとえば、あなたのマジックで相手が驚くとします。


そのとき、人によっては、一瞬、夢や想像をふくらませて、スゴいと思ってくれるとします。


しかし、そのマジックの種明かしをしてしまうと、こんな簡単なトリックにひっかかってしまい、何かバカにされたような気分にさせてしまうことがよくあります。


見ている人の夢や想像心をくずさないようにしてあげるのも、タネ明かしをしてはいけない理由になります。


以前、私はコップの中からレモンを出現させ、とても周りを驚かせたマジックをしたことがあります。


その後、そのレモンはどこから出てきたのか?という話題になり、

「近所の八百屋で買ってきた」と言っただけで、

 

「そんな夢のないこと言わないでほしい」

と言われたことがあったのです。

 

もちろん、人によるし、時にはこれが、ジョークとなって笑いをとることができる場合もあります。

 

ただ、その人にとっては、いつまでも不思議のままの気分でいたい、

という人だったのです。

 

そんなことを実感した出来事でありました。

 

手品を見た人の中にはすぐにタネを知りたがる人がいます。

 

自分の自尊心もくすぐられて、ついついネタばらしをしてしまうことが、初心者にはよくあります。

 

しかし、そこで調子に乗って、種明かしをしてしまうと、

「そうだろうと思ったよ」

とか言われるのがオチなのです。

 

 

タネ明かしをした瞬間に、相手の人格が変わってしまう、という経験をしたことが何度もあります。


基本的には、手品の種明かしを強要する人の前では、マジックを見せる必要はないと、考えていたほうがよいでしょう。


その場の雰囲気に流されそうになったり、せっかくネタをもってきているのだから、見せたい気持ちにもなることもあるかと思いますが、そこは思い切って、ガマンするのです。


せっかく準備していた手品を、そのときにやらないことによって、あなたの価値も上がることがあるのです。


しかし、手品を見せていて、ふっとしたタイミングで
「手品のタネあかし」の話題になることもあります。


もしもそのようになったのなら、次の手品に移るか、または、

 

「一緒に簡単なマジックを覚えましょう!」

 

ということで、簡単な手品をひとつくらい教えてあげるという方法をとるのがよいでしょう。


そういったときのために簡単 手品を身につけておくというのは非常に有効であります。


最初の頃は、みんなが、あっと驚く手品を身につけたいという気持ちもわかりますよ。


しかし、手品の種明かしをさけるという意味では、簡単なマジックを覚えておくというのは非常に有益なことです。


簡単なマジックを、一緒に覚えるという意図で、簡単な手品を教えてあげる、ということは。手品の種明かしを避けるという意味でも、必要なことです。

 

逆にこの記事を読んでいる方は、絶対に手品の種明かしを強要しないように、マナーよく手品を見ていただきたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組