メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 手品上達のコツ > 手品の3原則

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

手品の3原則、あらかじめ現象を言わない

 

「手品の3原則」について紹介します。

これは、「サーストンの3原則」

と呼ばれております。

 

 

 

手品を演じる上でとても大切なことですので、

これからはじめる方は、

しっかりと頭に入れておきましょう。

 

 

 

 

サーストンの3原則とは、

 

①手品をする前にどんな現象かを言わないこと
②同じマジックを2回繰り返して見せないこと。
③手品の種明かしをしないこと。

 

 

 

もちろん、これが必ずしもすべての

状況に当てはまるとは

限りません。

 

 

例えば、

「2度続けて同じマジックを見せてはいけない」

とありますが、

 

 

何回も見せることによって、

さらに不思議さを増すこともあります。

 

 

 

ただ、初心者のうちは、基本としてこの3原則を覚えておき、

守っていたほうがよいでしょう。

 

 

 

まず、「手品をする前にどんな現象かを言わないこと」

についてです。

 

 

 

手品やマジックでは、はじめから何をするか

言わないことを基本にしてください。


 

 

 

観客は予測しないことが起こるから

楽しいのであります。

 

 


例えば、

「ここからお花を出します」なんてことを出す前に

言ってしまうと、

 

驚きがなくなるでしょう。

 

 


ただ、これはあくまでも基本であって、

慣れてくると

 

 

その手品やマジックによっては、

あらかじめどのような現象になるかを

言ってあげたほうが、効果的な場合もあります。

 

 


Mrマリックさんは、昔からの手品の常識を

くつがえした人物であると言えます。

 


「コチラに瞬間移動します」

とか

 

「コインが目の前でグラスを貫通します」などと、

 

 

はじめからどのような結果になるか言ってから、

その通りのことを見せて、驚かせますね。

 

 


これはMrマリックさんの超魔術という分野であるから

効果があるとも言えます。


 

 

しかし、手品によっては、最初にどうなるか言ってしまうと、

観客はあなたが見てほしいと思うのと

 

 

違うところを見はじめる可能性が高くなります。

 

 

やはり初心者のうちは、

言わないほうがよいでしょう。

 

 

 

また、手品やマジックは、

お客さんが想像や期待していること以上のことを

見せることによって、

 

感動、笑いなど、ウケることになります。

 

 

 

このため、期待以上のものを見せる

腕前がまだ身についていない場合は、

 

できるだけ言わないほうが良いかと思います。

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組