メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 手品上達のコツ > 手品のセリフ上達法

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

手品のセリフを上達させるには、いつのまにか口下手も改善している

手品のセリフ上達法について

紹介いたします。

 

 

 

私が、手品を見せる時のセリフで

苦労していたとき、

 

 

あるマジシャン の方から聞いた一言がとても役立ち、

上達していったのです。

 

 

 

聞けば単純なことだったのですが、

私にとっては、 まさに目からウロコとな

る言葉でした。

 

 

 

そのセリフの上達法とは

 

 

 

「セリフを紙に書いて暗記する」

ということでした。

 

 

 

それまでの私は、手品をしながら

思いついたことだけを、

口にしていたのです。

 

 

 

逆を言えば、何も思いつかなかったら、

何も言わないで 相手が驚いてくれるのを

待っているような状態だったのです。

 

 

 

そのため、不思議なんだけど、

拍手がもらえない。

 

 

 

要はウケないという場面ばかりだったので、

何が悪いのかさえ、 気づかなかったのです。

 

 

 

「今まで思いつきでしゃべっていたんが悪かったんだ」

と気付いたのです。

 

 

 

もともとしゃべりが得意でもないのに、

アドリブにまかせている自分を反省しました。

 

 

 

それから、さっそく思いつく限りのセリフを紙に書き、

何度も声を上げ暗記するまで、

繰り返していました。

 

 

 

 

また、普段からメモ帳を持ち歩くようにして、

何か面白いことが浮かんだらすぐに

書きとめるようにしました。

 

 

 

また、テレビのお笑い番組をよく見るようにし、

トークの研究をしていったのです。

 

 

 

お笑い番組やさんま御殿、笑点など、

いろいろなテレビを録画だけではなく、

 

 

ときにはテープはICレコーダーに録音して、

車の移動中などでも聴くようにしていったのです。

 

 

 

また、テレビでマジック番組などがあった場合には、

その技よりもどんなセリフを言って、

展開していくのかということに注目していました。

 

 

 

このようなことの積み重ねによって、気がついたら、

自然とセリフがでてくるようになったのです。

 

 

 

手品のセリフの上達法の第一歩は、

紙に書いて声を出し暗記するところかはじまります。

 

 

これは、口下手からの脱却にもつながります。

 

 

 

また、その他の上達法としては、

ほかのマジシャンのセリフを

真似てみるというのもアリです。

 

 

 

 

まったくの同じというのはパクリになりますが、

ときどき取り入れて 反応を見てみるのも

良いかと思います。

 

 

 

まぁ、アマチュアとして飲み会レベルで

マジックを見せる程度であれば、

バンバン真似してもかまわない

と思います。

 

 

 

テレビのマジック番組でもそうですし、

マジックバーなどに行ってマジックを見るときなどは、

 

 

 

手品のタネばかりを追求するのではなく、

バーマジシャンたちが言うセリフを

しっかりと注意しながら聞いておくことが大切です。

 

 

また、そのほかに切り替えしの

言葉のタイミングが大切です。

 

 

 

切り返しのセリフは、

タイミングが合うと本当にウケます。

 

 

 

例えばマジックを見せた相手が、

 

「えーー?なんで?」と言ってと驚いたときに、

「練習したから」とか「手品だから」とか

 

 

という切り替えしのセリフが

タイミング良く決まると、

笑いがでます。

 

 

このように、手品のセリフは話す内容と、

タイミングが合致すると、

 

 

相手から笑いをとることができます。

この辺を研究することが大切です。

 

 

これを積み重ねていくと、

 

手品を見せながら、

タイミングがあったセリフを言ってるだけで、

 

 

「しゃべりも面白い」と言われるようになります。

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組