メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 手品上達のコツ > 手品の口上やしゃべり

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

手品の口上

手品の口上やおしゃべりは、ウケるマジックを目指す上ではとても大切です。

 

人前で話をするのが苦手だから、手品をはじめる人もいるかも しれません。

 

もしかしたら、あたもそうかもしれませんよね。

 

ただ、音楽に合わせて黙々と、演じていればいいのかといいますとそうではないです。

 

手品を学ぶということは、同時にしゃべりも上手にならないと、 ウケる手品をすることは難しいことでしょう。

 

テクニック以上に、あなたの口から出てくる言葉(口上) というのは、人を楽しませる上で重要となってきます。

 

あるプロマジシャンが、手は一つだけど、クチがみっつと書いてが手品です。

 

うまいこと言いますね。

 

マジック始める前、その間、ネタの最後のオチなどその あいま合間に気の利いたことを言うことができなければ、 単なるマジックオタクとなってしまいます。

 

私自身も人前で話をするというのはとても苦手でした。

まして、マジックをしながら、話をするというのは、初心者の頃はなかなか上手にできませんでした。

 

手にばかり集中するものですから、セリフにまで頭が まわらないのです。

 

そこで面白いことを言うなんてのは、とても できるものではありませんでした。

 

友人からは
「もっとしゃべりがうまくならないとダメだわ」

 

とか、

 

「君に笑いをとることはできないよ」

なんていつもいつもダメ出しを言われていたのです。

 

そんなときは、
「別におれは、お笑い芸人を目指しているわけじゃないんだよ」

 

とか、

 

「しゃべりがうまかったから手品をはじめたわけではなかったんだよ」
なんて反発をしていました。

 

見ている人を手品にトークを織り交ぜて、楽しませるというのは、 大変苦労したものでした。

 

では、私の場合はどのように口上を練習していたかといいますと、 まずは、テレビのお笑い番組をみまくりました。

 

そして、お笑い芸人が言っていたことなど、面白いと思ったもの は、メモをとったりもしました。

 

さんま御殿なんかは本当に良くみて研究しました。

 

また、テレビでたまに放送されるマジック番組も欠かさず 見ています。

 

テレビに出演するマジシャンは、腕前は当然ですが、それぞれ独特のキャラクターを持っています。

 

そして、芸能人たちとのやりとりの中でも、うまい切り替えしの言葉を発していますので、それらを取り入れたりします。

 

また、私が一番、手品のセリフや口上に役立つと思ったことは、 セリフを紙に書いて、何度も声に出して言うことです。

 

シンプルですが、一番効果があります。

 


私は、まだ経験が浅かった頃に、デパートでマジックショーを依頼されたことがありました。

 

その日まで、いかにもマジシャンらしくなるためには、はやり雰囲気とセリフがとても大切だと痛感しました。

 

その日に備えて、紙にセリフを書いて、暗記するまで 何度も繰り返して声に出して繰り返したことがありました。

 

このように、手品においてセリフや口上を身に着けるには、すぐには上達しませんが、普段から地道に面白いセリフなど をストックしておくことが大切です。

 

私からも、参考になるセリフや切り替えしの言葉など、テレビのマジック番組などで使えそうだと思ったものは、 ときどき紹介していますので、あなたの手品にご参考になれば幸いです。

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組