メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 手品上達のコツ > 手品の物語を考える

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

手品の物語を考える ストーリーマジック

トランプマジックに物語的な要素を取り入れることによって、

単調なマジックに深みが増し、ウケるようになります。

 

また、相手からは、「創造性が豊かな人」、「知的な人ね」って思われるかもしれませんね。

 

でも、物語ってどのように作っていいのか分からないですよね。

ここでは、どのように私が物語を考え組み立てるのか、その考える過程をご紹介します。ヒントになれば幸いです。

 

 

一番簡単なのは、トランプのカードを、人にたとえることです。

 

 

たとえば、ここに3枚のクイーンがありますが、

 

これを3人組のグループとします。

 

 

 

仮に、女性1人、男性2人のグループとしましょう。

 

かなり古いですが、ポケットビスケッツ(千秋、ウド、内村)なんてどうでしょうか? (当時、この手品を見せていた頃に流行していたので・・・)

 

これは、周りで披露するときに、スグに誰か芸能人など分かるようなグループがいいですね。

 

今スグ思いついたのは、このグループでしたので、一応これで説明していきましょう。

 

3枚のカードを置く

「ここに、千秋、ウド、内村の3人組みのポケットビスケッツがいます」

 

3人組みのポケットビスケッツはこちらに置いておきます。

 

 

1枚のカードを

 

 

「実は彼らには、それぞれマネージャーさんがついているのです」

 

 

 

 

 

テーブルに置く

と言いながら、

左手のトランプの山から一枚カードを取り出し、

 

テーブルに置きます。

 

「これがマネージャー

です」

 

 

 

 

3枚のうち1枚のカードを置く

 

「マネージャーさんと千秋さんは普段一緒に行動します」

 

などと言いながら、 右側に置いてあったクイーンカードの一枚を、

 

 

カードを重ねる

 

 

 

上に重ねます。

 

 

 

 

 

 

カードを1枚置く

 

 

その上にもう一枚カードを置きます。

 

 

 

 

 

 

3枚カードを置いたことになる マネージャーさんを置くことになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2枚面のカードを置く

 

 

そしてウドさんが一緒に行動します。 と、言いながら

 

 

 

 

 

 

クイーンのカードを置く

 

 

クイーンのカードを置きます。

 

 

 

 

 

 

手元のカードを置く

 

 

さらにマネージャーさんとして、

 

 

 

 

 

 

最後のクイーンのカードを置く

 

左のカードの山から一枚置きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、内村さんとして、最後のクイーンのカードを

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてのカードをそろえる

 

重ねて置きます。 すべてのカードをそろえて、

 

 

 

 

 

 

 

トランプを重ねる

 

カードの山へ戻します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カードを重ねて

 

カードを重ねて、

 

 

 

 

 

 

 

 

「これで、それぞれのタレントさんとマネージャーさんは交互に重なった状態になっています」

 

 

 

 

 

上から3枚のカードを取り出すと

 

「でもステージに登場するときには、マネージャーさんはいなくなり、

 

 

 

 

 

 

クイーンのカードが3枚そろっている

 

3人まとまってステージに現れます」 と言って、上から3枚のカードを見せると、クイーンのカードが集まってしまいました。

 

 

という感じで、クイーンのカードの間にそれぞれ別のカードが挟まっても、一瞬にしてクイーンが3枚にまとまるという現象を、ストーリー仕立てで組み立ててみました。

 

 

このようにカードを人物とみたてると、物語は作りやすいですね。

 

あなた独自の物語を作ることによって、マジックの現象は同じでも、あなたオリジナルのカードマジックが出来上がります。

 

 

ちなみにこのトランプマジックのやり方は、トランプマジックの本

 

「仲良しカード」というマジックを使いました。

 

ドクターレオンこと、

ヒロサカイさんの

DVD付きの

 

トランプマジック本「DVDで覚えるカードマジック入門 」の中で解説されている手品です。

 

 

それと、最後のカードの見せ方は、私の場合、赤のカードの位置が真ん中にきてしまい、そのままの位置で見せていますが、

 

付属のDVDでは、最初に見せたときと同じように、 赤のカードをコントロールして同じ位置になるような見せ方も解説しています。

 

ちょっとしたことですが、とても大切なコツを解説していました。

 

以上のように、トランプマジックが、あなた独自の手品に変えることができます。

 

私は、メモ帳を持ちながら、物語になるようなヒントを思いついたときすぐにメモするようにしていました。

 

3枚のトランプを使う場合・・・他に3人組は、少年隊、キャンディーズ、めちゃくちゃ古い!でも万人が知っているグループのほうが良いです。

 

カードの色が変わるのを指摘されたら 「衣装を変える」という展開にしてみよう、とか自分にツッコミを入れながら考える作業は結構楽しいものですよ。

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組