メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 手品グッズ・マジック用品レビュー > ボルトとナットの念動マジック

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

Mrマリックが演じたボルトとナットの念動力のマジックのタネ

Mrマリックさんが、ボトルがナットから外れる念動力の超魔術を披露していました。

用意されたのは、ボルトとナット、つまり「ネジ」です。

 


Mrマリックさんは、2012年9月8日放送のTTHE ぶっちりTV世界中がだまされた本物か?トリックか超能力の秘密をあばけスペシャルで、このボルトとナットが手を触れずに回転して外れる、という超能力系念動力のマジックを披露していたのです。

 

 

番組では、このボルトとナットを、お笑い芸人の陣内智則さんが一度ボルトからナットを外し、再び回してはめたました。

 

 

そして、普通に引っ張っても外れない、回さなければ外れない、ということなど、入念にチェックしたのです。

 

そして、そのネジをお皿の中に入れて、元モーニング娘の矢口真理さんに、お皿を落ち上げてもらった。

 

Mrマリックは、そのナットがついているボルトを、人さし指と親指でつまむようにして、持ち上げる。

 

 

そして、マリックさんは、矢口真理さんに指示を出しました。

 

それは、「回れ」と言ってもらう、ということでした。

 

 

矢口真理さんは、素直に、「回れ、回れ!」と連呼し始めました。

 

そうすると、ボルトに巻いてあった、ナットが少しずつ回り始めたのです。

 

 

最後はグルグルとスムーズに回転して、ボルトからナットがポロっと外れ、矢口さんが持っていたお皿の中に「カラン!」と落ちてしまったのでした。

 

 

それと同時にMrマリックさんが持っていたボルトも、お皿の中に入れたのです。

 

これは、どちらも確かめてみてもいいよ、というアピールなのか?

 

これは全くもって不思議だった。

 

まさにこの番組にふさわしい、念動力の現象マジックでした。

 

 

この種明かしはいったいどうなっているのか?

 

実は、この種は「マイクロサイキック」名称でというマジックグッズとして販売されているよなのです。

 

アメリカのコンベンションでも即日売り切れの人気商品とのこと。

 

テレビで初めて見たので、マリックさんはいち早く入手したのかもしれません。

 

マジックなので種はあるのですが、いったいあの細いボルトと小さなナットに、どんな仕掛けがほどこさせているのか、気になります。

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組