メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 簡単手品の種明かし > 首が落ちるマジック

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

首が胴まで落ちるマジック、エビケンも使っている

首が突然落ちるマジックを、ダンサーの蛯名健一さんが披露していました。

 

これはダンスではなくマジックのネタですね。

 

マジック用品として名前もついているネタなのです。

 

2012年11月2日放送の金スマを見ていましたら、気になるになる男シリーズ「話題のパフォーマー大集合SP」というコーナーがありました。

 

その中で、蛯名健一さんが登場しました。

 

蛯名健一さんは「えびけん」とも呼ばれている方で、トップアーティストの登竜門と言われえるNYアポロシアターで日本人初となる、2回も年間チャンピオンを獲得している方です。

 

とにかくダンスがすごくて、見たこともないようはオリジナル性がふんだんに取り入れられていたのです。


かろやかなステップに、ロボットのような動き、格闘しているような技など、

 

ダンスのすごさだけでなく、光をうまく使って空中に浮いているように見せたり、

 

ところどころ空手のような後ろ回し蹴りなども取り入れていました。

 

そして、なんといっても、逆再生パフォーマンスに驚きました。

 

一度後ろに倒れたかと思ったらそのまま逆再生のような動きで起き上ってくる動きは、通常の人間にはできないような、いったいどこの筋肉を使えばできるのか?と思えるような動きだったです。

 

過去には、神芸 KAMIWAZAという2012年1月8日放送のテレビ番組にも登場しました。

 

そんな蛯名健一さんが、金スマに登場したときに見せたオープニングパフォーマンスで、「首が突然落ちる」というものがありました。

 

これには周りもかなり驚いたようですね。

 

一体どうなっているのでしょうか?

 

実はこれは、マジック用品として存在するものです。

 

その手品用品の名前は「ハロウィンヘッド」という商品です。

 

かつては、テレビで、セロやDrレオンさんが披露していたこともあります。

 

ただ、やっぱりえびけんさんのような、ダンサーが披露すると身体の一部なのではないかと、思ってしまうくらい、ダンスなのかマジックなのか分からないですよね。

 

でも、あなたも一発芸として披露したいと思ったのでしたら試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

驚きはかなり見込めることと思います。

 

これから忘年会や新年会などの飲み会などで余興を考えている人にとっては、やってみたいと思うような手品グッズではありますね。

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組