メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 簡単手品の種明かし > 指輪が消えるハンカチマジック

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

指輪が消えて、再び出現するハンカチマジック

人前で即席でマジックをする場合、身近にあるものを使うと、とてもスマートに見えます。

 

あらかじめ用意していたマジックグッズを使ってマジックをはじめてしまうと、いかにも用意してきたな、って思われてしまい、興ざめてしまいます。


それよりは、身近にあるもので、ちょっとしたマジックができると、おしゃれですね。

 

 

今回は、指輪とハンカチを使ったマジックを紹介します。

指輪であれば、自分でしているものを使ってもいいですし、相手から借りて使うこともできます。

 

 

もっとも相手から借りて行う場合は、破損したり失くしたりしないように、細心の注意が必要です。

 

 

 

できるだけ、自分のものを使うことをおすすめします。

 


 

そして、もう一つ使うものは、ハンカチです。

 

指輪とハンカチを使って、ハンカチから指輪を消し、再び出現させるマジックです。

 

 

このマジックは、ちょっとしたジョークを取り入れながら、本格的なマジックを融合させるのです。

 

 

 

まず、右手に指輪をもって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左手に持ち替える動作をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、左手に指輪を持つフリをしているだけです。

 

指輪は、右手に持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

右手をジャケットの内側に入れて、内側のポケットからハンカチを出しますが・・・その前に、

 

 

 

 

 

 

 

その前に、

そのときハンカチを出す前に脇の中にさきほどの指輪を入れてしまいます。

 

 

 

 

 

そしてハンカチを内ポケットから取り出します。

 

 

 

 

 

左手に指輪を持っているフリをしている拳の上に、取り出したハンカチをひとふりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると指輪は消えてしまっています。

 

右手にも持っていないことを見せましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は右手で握り拳をつくりその上にハンカチをかぶせます。

 

「では消えた指輪を出現させます」といいながら、ハンカチをとると、

 

 

 

 

 

 


指の輪を作っているのです。「ハイ!指輪(指の輪)です」と言います。

 

 

ここではそれほどウケなくてもよいのです。

 

 

 


 


 

そしてそのときに、今まで、左腕のひじを曲げて、指輪が袖から 落ちないようにしていた左手を、

 

 

まっすく下に伸ばすと脇からヒジに かけて押さえてあった指輪が袖から左手の中に入ってきます。

 

 

 

 

 

もう一度、左手にハンカチをかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンカチを取ると、さきほどの指輪が現れます。

 

 

スムーズできるように何度も練習してみましょう。


 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組