輪ゴム手品の種明かし、輪ゴムが指から指へ移動するマジック

輪ゴムの手品の種明かしとやり方を紹介します。

このページでは輪ゴムが薬指と小指にかかっている場合に、 人さし指と中指へ移動させる手品になります。

輪ゴムマジック 簡単手品のページで行ったマジックから逆に戻すという現象になります。

まず、左手の薬指と小指に輪ゴムがかかったまま手をにぎります。

左手のくすり指と小指に輪ゴムがかかった状態で手を握る

そして、手を広げると輪ゴムは人指し指と薬指に簡単に移動してしまいます。

輪ゴムが移動する手品

それでは、この輪ゴムの手品の種明かしとやり方を解説するため手の裏側を見せて説明します。

輪ゴムマジック 簡単手品のページにあるように、人差し指と中指から薬指と小指に移動してきた状態から始めます。ここから、どのようにして人差し指と中指に戻すかということになります。

【スポンサードリンク】


左手の裏側から、輪ゴムの移動手品の解説

まず、観客が薬指と小指に移動してきたマジックの現象に驚いている瞬間に、左手の親指を輪ゴムの輪の中に入れて引っ張り、輪ゴムの空間を作ります。

左手の親指で輪ゴムに空間を作る

この瞬間が大事です。なぜなら相手が驚いているときは、その驚いた現象に心を奪われているので、その瞬間に次の動作をしても、気づかれにくいからです。

そこで、輪ゴムの輪の中に4本の指を全て入れてしまい、手を握ってしまいます。輪ゴムを4本の指先の爪のつけ根あたりで止まるように制止させておきます。

輪ゴムを4本の指の爪の付け根にかかるようにひっかけて手を握る

そして、4本の指をすくい上げるようにして手を広げると、輪ゴムが人差し指と中指に移動します。

輪ゴムを4本の指ですくい上げるようにして左手を広げると、人さし指と中指に移動する

輪ゴムを親指でひっぱってスムーズに空間を作れるようになってください。

では、最後にもう一つ、ちょととした応用です。写真のように4本の指に青い輪ゴムをクロスさせてその下に、輪ゴムの移動手品のはじめのように輪ゴムをセットしておきます。

輪ゴムをもう1本、指にクロスさせてかける

この状態を見せると、輪ゴムを移動させることができない・・・、という印象を相手に与えることができます。

でも、やることは同じです。移動させることができない、と思うのは単なる目の錯覚です。

この手順を輪ゴムマジック 簡単手品のページにあるように一連の動きを行うだけで、輪ゴムを移動させることができますので、試してみてください。

【スポンサードリンク】