メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 簡単手品の種明かし > トランプマジック 探偵カード

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

トランプマジック 探偵カード 嵐にしやがれで大野君が披露

嵐にしやがれで、リーダーの大野智くんが、クロースアップマジシャンの 前田知洋さんから、トランプマジックを伝授してもらいました。

 

2011年3月19日放映の嵐にしやがれで、未知との遭遇では、 クロースアップマジシャンの前田知洋さんが登場しました。

 

そこで、嵐の大野くんが、トランプマジックを前田さんから 教えてもらいました。

 

大野くんが演じたトランプマジックは探偵カードというものですが テレビでは完全な種明かしまではしていませんでしたので、そのヒントに迫りたいと思います。

 

トランプを前に出す
トランプを裏側にして、前に出します。

 

 

 

 

 

 

 


相手に1枚トランプを引いてもらう

 

相手に1枚カードを選んでもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤの7を引いたので覚えてもらう

 


例えば、ダイヤの7だとします。

 

選ばれたカードをマジシャンには見せずにしっかりと覚えてもらいます。

 

 

 

 

 

トランプをはじいて好きなところでストップと言ってもらう


次に、カードをはじいて、好きなころでストップを言ってもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

ストップと言ったとことでトランプを分けて、上の束をテーブルに置く
ストップと言ってもらったところで、カードを分けて、テーブルにおきます。

 

 

 

 

 

 

 

テーブルに置いたトランプの山の上に相手の選んだトランプを置く


その置いたところの一番上に、

 

 

 

 

 

 

 

 

相手のトランプを上に置いた状態

相手が選んだカード置いてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左手に持っている残りのトランプの山も一緒の束ねる

 


そして、その上に残りのカードを置きます。

 

 

 

 

 

 

 

相手のトランプを確認して移動させる

 

こうすると、マジシャンはあらかじめ、ある場所の1枚のカードを覚えておくことによって、相手のカードがどこにあるのかが分かりますね。

 

 

 

 

スペードとクラブのジャックのトランプを探偵カードとみたてる
次に、「アシスタントを使います」とか「2枚の探偵カードを使います」と言って、2枚のカードを取り出しながら、同時に相手の選んだカードを、さりげなく、ある場所へ移動させます。

 

嵐にしやがれでは、大野くんの手つきがおそらくバレバレだったか、やり方を忘れてしまったのかわかりませんが、この移動させるところは放映されていませんでした。


スペードとクラブのジャックのカードを2枚取り出します。

 

 

2枚のジャックをトランプの束の上下ではさむ

 

次に、その2枚のカードを一番上と一番下に挟みます。

 

 

 

これは実際にやってみると分かりますが、カードの山の、どの位置に相手のカードを置いておくかによって、2枚のカードの真ん中にはさめることができるかが、分かるかと思います。

 

 

カードの山を右手に飛ばすと、左手にはジャックに挟まれた、1枚のカードが残る

 

左手に持っているカードの山を、右手に飛ばすようにして渡します。ここを華麗に見せることによって、このトランプマジックのかっこよさが決まります。

 

 

 

繰り返します、がテレビではどのようにして相手のカードを移動させたかは、放映されずカットされていたので、分かりませんでしたが、ただ実際に指にひっかかるところはどこかは、実際にカードを持ってみると分かるかと思います。

 

ジャックに挟まれたトランプを見ると、相手が選んだダイヤの7のカードであった。
「あなたが選んだカードは何?」と聞いて、相手に答えてもらい、2枚のジャックに挟まれたカードを見せて、これですねと言って終わります。

 


 

 

【スポンサードリンク】

 

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組