簡単マジックのやり方

4枚のエースがそろうトランプマジック

更新日:

エースが4枚そろうトンらぷマジック

エースが4枚そろうトランプマジックのやり方とたねあかしをご紹介します。

このトランプマジックは、簡単ですので、原理だけを覚えれば現象としてはすぐにできるものです。

ただし、あくまでトランプマジックをはじめるための導入的なマジックとしてとらえておいてください。

トランプマジックを苦手とする人もいらっしゃいます。

特に年配の方であれば、手がうまく動かないから、トランプマジックはやりたくない、とはじめからあきらめている人もいます。

でも、手や指は練習しないと動くようにはなりません。

はじめからうまく動く人なんかは少ないですから、気長に練習を繰り返しましょう。

ここでは、トランプマジックを苦手とする人が、簡単にできるマジックとしてとらえておいてください。

思っていたよりも簡単で、面白そうだと思えてきたら、取り組む意欲もわいてきます。

最初は、見よう見まねで取り組んでください。

このトランプマジックは、私自身がカードマジックをするときにもときどき取り入れています。

マジックを見せたときにトランプマジックで「簡単なものを教えてほしい」と言われたときにも教えたりしているものです。

ただし、この原理は応用する可能性も広がりますので、似たようなマジックを見せるときには、このエースがそろうマジックはその場では教えたりしません。

予測されてしまっては、他のマジックにも影響がでるからです。

ただ、影響が少ない場面であれば、教えることもあります。

そんなスタンスのマジックです。

現象は4枚のエースのカードがすべてそろいますので、見栄えもよく、かっこいいという印象を与えることができます。

 

では、どんな現象か紹介します。

トランプ一組を左手にもったら、右手で、一枚一枚テーブルに重ねるようにおいていきます。

カードをテーブルに1枚ずつ置いていく

 

ある程度カードをテーブルに重ねていきましたら、「好きなときにストップと言って下さい」と、観客に言います。

ストップと言ってもらう

 

 

このときは、必ずカードの枚数が、8枚以上になった くらいで言いだすとよいでしょう。

あまりトランプの重ねる枚数が少ないときには、言わないようにしましょう。

相手がストップと言いましたら、次は、テーブルの上に重なってあるトランプの山を左手に持ち、右手で、一枚ずつ、左から、4枚並べていきます。

カードを4枚ずつ並べる

 

そして、その上に再び、左から1枚ずつカードを重ねていきます。

手に持っているカードがなくなるまで、これを繰りかえして重ねていきます。

このとき、このようなセリフを言うと、効果が増します。

「あなたは好きなときに、ストップと言いましたのでちょうど4枚目に終わる場合もありますし途中で終わる場合もあります。」

すべてのトランプを置きましたら、何かおまじないをかけるようにして、一番上のカードをめくると、すべてのエースのカードが出現します。

カードを表にするとエースが4枚そろう

 

では、エースの手品のタネあかしをします。

このトランプマジックの種明かしは、あらかじめトランプの山の一番上に4枚のエースをおいておくだけです。

トランプマジック種明かし

ただ、どのタイミングで、エース4枚を一番上いおいておくかということになります。

あなたが、家からトランプを持っていくのであれば、家を出る前にセットしておくことです。

マジックは、家を出る前から始まっているということです。

 

誰かからトランプを借りておこなう場合や、まだセットしていない場合は、その場で4枚そろえなければなりません。

そんなときは、手品の豆知識を言ったり、トランプのうんちくなどを言いながら、エースのカードを探してセットすることが良いでしょう。

このカードマジックとは違いますが、以前、嵐の二宮和也さんが、テレビでカードの配列をするのに

時間かせぎをしているときには、トランプの絵柄の豆知識などを言いながらセットしていました。

-簡単マジックのやり方
-, , , , , , , , ,

Copyright© マジックが出来るようになりたい大人が学ぶ手品習得講座 , 2019 All Rights Reserved.