手品 コインのやり方と種明かし

    
【スポンサードリンク】
           

手品 コインのやり方と種明かし


手品 コインの簡単なやり方と種明かしを
ご紹介します。

マジック コインのやり方
手品のコインを使ったマジックは、手軽にできる
というところがいいですね。

財布に入れていつでも持ち運びができますので
すぐに手品を見せることができます。

そして、コインというお金が増えるという
マジックはいつでも人に夢を与えますので
共通してみんなが興味をもってくれるジャンルと
いえます。

では一つ簡単なコイン マジックを紹介します。
まず、100円玉のコイン見せます。

もう片方の手には何も持っていないと、手を広げて見せます。

手品 コインのたねあかし
その手でコインを持っているほうをこする動作をします。








コイン手品のやり方
2枚の500円玉に変化するという現象です。








コインマジックのやり方
このやり方は、100円玉の裏側には、親指と人差し指で
500円玉を2枚、真横にして持っている
ことが種あかしになります。





簡単 手品 コイン
そして、100円玉をスライドさせるようにして、

500円玉の裏側にもっていくようにします。




2枚の500円玉を正面に見せて、100円玉をかくすようにすると、変化したように見せることができます。

コインマジックのタネ明かし
この手品はコインを見せないように、上下の動きはしないようにして、高さを決めたら、左右の動きのみで行うほうが、バレにくいですので、お試しください。


あと、最初に見せるときには、あらかじめ500円玉を持っている右手は、
腕をヒジから自分のほうに折り曲げておき、腕全体と角度で500円玉
のタネのほうは見えないように持っておくとよいでしょう。

コインの手品の演技をはじめるときに、左で100円玉のみを見せた後で、
100円玉を右手にもっていき500円玉をセットすると自然に見えます。


【スポンサードリンク】 



				
				

【スポンサードリンク】