マジックを始めたいと思う初心者のあなたが人から喜ばれ、感謝され、あなたの地域で役に立つマジシャンになる

マジックが出来るようになりたい大人が学ぶ手品習得講座

簡単マジックのやり方

クリップがつながるマジック お札とクリップの手品のやり方

投稿日:

お札とクリップの手品のやり方をご紹介します。

身近な物でできる簡単な手品として、おすすめの手品です。

この手品は、小さな子どもに見せることができる、簡単なマジックです。

また、子どもを対象に手品教室を依頼されたときにも使えるマジックです。

お札とクリップの手品の現象は、お札にはさんだ2つのクリップが一瞬でリング状につながって、飛び出してくるいうマジックです。

 

いってみれば手品というよりはちょっとした遊びみたいな感じもしますが、覚えておくといろいろな場面で役立つことがあると思います。

身近にあるものでできる簡単な手品としてもおすすめです。

用意するものは、お札とクリップ2つです。

 

まずは、1000円札などお札を横に折ります。

お札や紙を横方向に折ります

 

お札を使いたくない場合は、普通の紙でもかまいません。

目安としてお札と同じ大きさくらいが良いでしょう。コピー用紙でも良いですね。

次に、お札をアルファベットのZ字状に折ります。

お札をZ字のように折ります

 

お札が重なっている部分をまずは一か所クリップで止めます。

お札の重なり部分をクリップで止める

 

さらに、もう一か所クリップで止めます。

2か所目もクリップで止める

 

クリップは全部で2か所止めることになります。

お札には全部で2か所クリップで止める

 

私の経験では、クリップは両方とも、外側の長いほうをお札の外側に出してかけるほうがよいかと思います。上から見た状態です。

上から見たところ

 

お札を両手で持ちます。

お札の両端を両手でにぎる

 

お札を、横方向に向かって、引っ張っていきます。

お札を両方向に引っ張る

最後まで強めに、「ピン!」となるようにひっぱっていきます。

お札を最後まで強めに両手でひっぱる

 

そうすると、クリップ同士がつながって、ピュ!飛び出してきます。

クリップとクリップがつながりピュ!と飛び出してくる

 

お札とクリップの手品のやり方が理解できましたら、さらにこの応用編があります。

子供が喜ぶ簡単な手品で紹介しています。子供が喜ぶ簡単な手品

特に子どもに手品を教えるときは、一つのことを長く教えることができません。

すぐに飽きてしまいますから。

そのため、同じテーマを使ったマジックで、応用編を用意しておくと役立ちますので、セットで覚えてしまいましょう。

-簡単マジックのやり方
-, , , , , , , ,

Copyright© マジックが出来るようになりたい大人が学ぶ手品習得講座 , 2019 All Rights Reserved.