メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 簡単手品の種明かし > 超簡単マジック

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

超簡単マジック 消しゴム手品の種明かしとやり方

超簡単マジックで消しゴム手品の種明かしとやり方を紹介します。

 

文房具の中でも、消しゴムを使ったマジックはとても手軽にできます。

 

 

消しゴムケースの瞬間移動する超簡単マジックです。

 

からくりどーるさんが2011年7月12放送のトリハダ(秘)スクープ映像100科ジテンに出演していました。2週続けての出演です。

 

日本一ウザいマジシャンのからくりどーるさんのお名前やキャラクターは、かなり世間に浸透しかと思います。

 

そんなからくりどーるさんが、今回は、超簡単マジックの種明かしとやり方を、テレビで紹介してくれました。

 

とってもシンプルで準備さえしておけば、すぐにできる超簡単マジックです。

 


ケース付き消しゴム2つとハサミ

 

消しゴム手品で使うものは、ケース入り消しゴム2つです。あ、それからハサミも使います。

 

 

 

 

 

 

消しゴムケースをハサミで2か所切る
私の家にもたまたま2つ、同じ柄の消しゴム二つがありましたので、さっそく作ってみました。

 

 

 

まず、2つの消しゴムをケースから2つ取り出します。そのうちのケースの1つをハサミで図のように2か所切り取ってしまいます。

 

 

消しゴムケースを2か所切り取って、2面だけ残します。


 

 

消しゴム本体に両名テープで、貼り付ける


この2面の消しゴムケースを、消しゴム本体に付けます。私の場合は、両面テープを使って、付けました。

 

 

 

 

 

タネとなる消しゴムがケースの中に入っているように見える
そうすると、前のほうから見ると、いかにも消しゴムのケースの中に入っているように見えますね。

 

 

 

 

 

 

タネとなる消しゴムの反対側は、何もついていない


裏面は何もついていないので、ケースに入っていない消しゴム本体に見えます。

 

 

 

 

 

 


別の角度からみるとこのようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、もうひとつの消しゴムケースを、今細工した消しゴムに入れますが、ケースの2面を取り付けた分だけ、厚くなったため、ケースの中には入らないですね。

 

 

 

 

 


そこで、ハサミでケースに一か所だけ切り込みを入れます。

 

 

 

 

 


そうすると、細工をした消しゴムの上にかぶせることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 


このようにすると、ケースの中に消しゴムが入っているように見えますね。

 

 

 

 

 


これで準備完了です。

 

 

 

 

 

 

 


 

まずは、ケースをかぶせた消しゴム本体を持ちます。

 

 

 

 

 


そして、消しゴムをケースの中から取り出します。このとき、上のケースのほうは、切り込みが入っているので箱の形をくずさないように、指先でしっかりと固定して持ちます。

 

 

 

 

 


その箱を、ポケット入れます。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん消しゴムには何もついていない面を見せます。

 

 

 

 

 

 

 


そして、手をかぶせておまじないをかけながら、手の中では消しゴムの角度を変えて、ケース側が見えるようにします。

 

 

 

 

 


一瞬にしてケースが消しゴムに瞬間移動してしまいます。

 

 

 

 

トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテンでは、タレントの春香クリスティーンさんが、チャレンジしていました。

 

とってもお上手に見せることができていました。

 

くれぐれも、見せ方には気をつけましょう。

 

ネタばれになっていまいますので、消しゴムの反対側は見せないように注意しましょう。


 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組