メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 簡単手品の種明かし > 一発芸手品ロープ

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

一発芸手品 ロープの先が一瞬で輪の中に入るマジックのやり方

一発芸手品でロープを使ったマジックのやり方をご紹介します。

 

ロープの先が、一瞬にして輪の中に入ってしまうという手品です。

 

一瞬で終わりますので、一発芸手品と言えるでしょう。

 

このロープを使った手品は、日本一うざいマジシャンと言われている、からくりどーるさんが、トリハダスクープで、2011年9月20日の放送で紹介してくれたものです。

 

この手品は、私が妻と当時付き合っているときに見せたことがあるのですが、当時はよく驚いて不思議に思ってくれました。

 

今ではすっかり目が肥えてしまったのか、あまり驚いてくれませんが・・・

 

当たり前ですが見せ過ぎはよくありませんのでやはり、一発芸手品にとどめておきましょう。

 


それではやり方をご紹介します。

 

ロープを親指にかける
一本のロープを用意して、左手の親指にかけます。

 

手前を長く、外側を短くかけます。

 

 

 

 

 

 

手前に向かってロープを巻いてくる
手前にある長いほうのロープを持って、内側にぐるぐると親指に巻いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

ロープを親指に巻いてくる
さらに、どんどん巻いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロープの輪を作る

 


そして、ある程度巻いたら、写真のように、ロープの輪を作ります。

 

 

 

 

 

左手の親指と人差指で輪を作ったままにする


左手の人さし指と親指で押さえて、ロープの輪を作った状態を保ちます。

 

そして、右手でもともと短かったほうのロープを持ちます。

 

 

 

 

 

右手でロープの先を持ち、輪の中に入れようとする
右手に持ったロープの先端を、輪の中に一瞬で入れる、ということを言います。

 

 

 

 

 

 

ロープの先が一瞬で輪の中に入ってしまった


あら、不思議!
本当に輪の中に、一瞬にしてロープの先端が入ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

種明かしは、輪の中に入れるふりをしているだけ


実は、これは輪の中に入れるフリをしているだけで、実際には輪の中に入れていません。

 

 

 

 

 

左手の親指と人差し指の間にロープを滑りこませる


右手で持っているロープを引っ張りながら、左手の親指と人差指の間に、すべり込ませます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままロープをひっぱると、輪の中にはいったように見える


その状態で、ロープをピンと張ると、輪の中に入ったように見える状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

一発芸手品ロープの種明かし
自分の目線から見るとこのような状態になっています。

 

面白い手品だと思います。

 

大切なことは、真面目な顔をしながら、輪をしっかりを見つめて、勢いよく行うことです。

 

「世界最速で、このロープの先端を輪の中に入れることができるよ」なんて言いながら、やってみるといいかもしれませんね。

 

もっと不思議に見せるには、輪を小さく作ることです。

 

こんな小さな輪の中に入れることができるのか?という印象を相手に持たせると、効果的かと思います。

 

そして、最後は、右手を離す、という見せ方もよいかと思います。いろいろ試して、工夫してみてください。

 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組