ハンカチマジック コインが消える手品にAKB48も驚く

Mr マリックさんが、AKB48を相手にハンカチマジックを披露していました。

ガチバトルというコーナーがあり、そこで使われたのがこのハンカチマジックでした。

2012年2月2日放送のAKB48が出演している、「なるほど!ハイスクール」というテレビ番組で、

Mrマリックさんが登場して、AKB48のメンバーが360°好きな場所から見て、マリックさんのトリックを見破るというコーナーがありました。

そこで、披露されたハンカチマジックです。

AKB48の大家志津香ちゃんや、柏木由紀ちゃんらがこのマジックを見破ることができたので、

Mr.マリックがマジックのタネ明かしをしてくれました。

【スポンサードリンク】


テレビでは100円玉コインを使っていましたが、この画像では、500円玉の方が見やすので、500円玉で解説していきます。

ハンカチの上に500円玉

このように、ハンカチの真ん中に500円玉をおいて、ハンカチを折りたたみます。

ハンカチを折りたたむ

「コインはまだ真ん中にありますね」と確認してもらうため、コインを相手に押してもらいます。

コインを押して確認する

なるほどハイスクールでは、

AKB48のメンバー数人に押してもらいました。

そして、ハンカチを広げると、500円玉は消えてしまいました。

コインがハンカチから消える

このハンカチマジックの種明かしは、ハンカチの一か所の角に、両面テープを付けておくことです。

ハンカチマジック 種明かし

そして、一番初めに、その両面テープが付いた角を、コインに当てておきます。

このとき、それほど、強く押しあてる必要はありません。

ハンカチの端に両面テープをつける

次に、ハンカチの残りの角も順番にコインの上あたりに、かぶせるように置いていきます。

両面テープをコインにつける

Mrマリックさんもテレビで言ってましたが、ここからが、このマジックのスゴイところなのです。

コインを確認させながら、両面テープをつけるAKB48のメンバーにコインがあることを確認してもらう動作として、ハンカチの上からコインを押して確認させていました。

こうすることによって、マジシャンは、ハンカチに一切触れることなく、両面テープをガッチリと、コインに付けることが可能になるのです。

この原理ってスゴイですね

なるほどハイスクールのAKB48たちもこの原理にとても驚いていました。

種明かしされることによって、この理屈に感心する方が多いことと思います。

このハンカチマジックは結構有名なものです。

ただ、種明かしをするときに、このように自分は一切触れることなく、秘密の作業が完成されるということを説明することによって、単なる種明かしが、一層、マジックの原理に驚かされることがあります。

ぜひこの解説を取り入れてみてください。

あなたはマジックの本当の魅力や楽しさを伝えることができますね。

【スポンサードリンク】