宴会芸 手品ならロープやネクタイで

    
【スポンサードリンク】
            

宴会芸 手品ならロープやネクタイでできる


宴会芸の手品はロープのマジック
宴会芸手品をするなら、こんなロープマジックはいかかでしょうか?

ロープでなくてもネクタイでもできる宴会芸の手品です。


宴会の席であれば、ネクタイ、温泉旅館の宴会であれば浴衣の帯なんかでも使える手品です。





首にかけたロープが外れるマジック
首にかけたロープが一瞬にして外れるという手品です。

ロープの手品に、他にレパートリーを持っている方であれば、

その前段でこのような宴会芸的な小ネタを入れるのも良いかと思います。

私の場合は、流れを意識しているので、ロープ切りなどの手品を行う前などに、取り入れたりしています。

ロープを1本用意します
それでは、やり方を紹介します。

まずは、ロープなどの長いヒモ状のものを用意します。












ロープを首の後ろからかける
ロープを後ろから首にかけます。















両腕を交差させてロープを持つ
写真のように、両手をクロスさせてロープを持ちます。

そのとき、左腕が右腕の上になるようにして、両腕をクロスさせて持ちます。











ロープを首にまわしていく
そのまま、左手を先に引いてきます。

左手に持っているロープを引いてきて、右手に持っているロープと交差したら、











左手のロープは回し、右手は縦にまわしていく
右手のロープをタテにもってきて、















右手のロープだけを首に回す
首の左側から、後ろにかけて右にもってきます。

そうすると、ロープに引っ掛かりの玉ができますので、それを首の後ろにもってくるようにします。

結局、右手のロープだけを首にまわすことになります。








首の真後ろに、引っ掛かりをもってくる
これは、一連の動作の中で、自然に後ろにもってこれる様に練習してみてください。

首の真後ろにもってくることによって、正面のお客さんからは、この引っ掛かりが見えません。

正面から見た状態
正面から見ると写真のような状態になります。















両手でしっかりとロープを持つ
あとは、思いっきり苦しむなどの演技をしながら、一気に両手でロープを引っ張ります。













首にかかったロープが外れる
そうするとロープが首から外れてきます。

このマジックの面白いところは、宴会などであれば、観客の一人が必ずと言っていいほど、同じようにして首にロープをかけて、苦しむフリをします。

私もときどきこの手品を取り入れたりしますが、かなりの高確率で同じような行動をとる観客がいますので、これはマジシャン側のひそかな楽しみだと思って、見ていてください。


【スポンサードリンク】


				
				

【スポンサードリンク】