メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 簡単手品の種明かし > コインマジック種明かし

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

からくりどーるさんのコインマジック ザ・体感で

2016年10月6日放送の

「未知の世界に飛び込め The 体感」

 

コインマジック からくりどーる

 

で、禁断のマジシャン目線を体感

というコーナーがありました。

 

 

 

この日は、マジシャンの

からくりどーるさんが登場。

 

 

 

100円玉が、500円玉2枚になる

マジックを披露。

 

コインが増えるマジック


人差し指と親指で持った

1枚の100円玉。

 

 

それを左手でこすると、

100円玉が消えて、

 

 

500円玉2枚が現れたのです。

 

 

 

いわゆる10倍に増えるコインマジックです。


 

 

そして、マジシャン目線ということで、

種明かしをしてくれました。

 

 

 

100円玉の裏側に見えない角度で

500円玉を2枚隠しておきます。

 

コインマジック種明かし

 

 

100円玉の面に対して、

500円玉2枚を縦に重ねて、

 

 

500円の両サイドは、

100円玉を持っています。

 

 

右手の人差し指と親指で

見えない状態になっているのです。

 

 

このマジックは、

500円玉が2枚現れて、100円玉が

消えてしまう現象なのですが、


 

最後に100円玉が、見えなくなっているのです。

手に隠しもっている感じでもなく、

 

 

500円玉2枚を手の平にのせても

100円玉がみあたらない。

 

 

いままでこのコインマジックの最大の難点は、

100円玉をどのように処理すればよいのか?

ということでした。

 

 

 

それをからくりどーるさんは、見事に

消していました。

 

 

このやり方は、500円玉の裏側に、

100円玉がくっついていたのです。

 

 

なぜ、100円玉が500円玉にくっついて

いるのか?

 

 

これは私の予想ですが、

「両面テープ」をあらかじめ、500円玉に

貼っておくのです。

 

 

100円玉を500円玉にしっかりと押し付ける

ことによって、

 

 

手のひらに500円玉2枚

 

100円玉がくっつくので、手の平の上に500円玉を見せても、

 

 

100円玉は見えないまま、見せることができます。

 

 

 

 

 

もちろん、このまま相手に500円玉を渡して

調べてもらうことはできません。

 

 

でも、不思議に見えますよね。

 

 

ちなみに、両面テープを使わない、ノーマルなやり方で、

動画で身に付けたい場合はコチラをご検討ください。

 

>>>ザ・イントロダクション マジック教材の詳細はコチラ

 

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組