メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 簡単手品の種明かし > 簡単なカード当てマジック

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

簡単なカード当てマジック 2枚のカードを当てる

アイ&ユーキのアイさんが、 カードマジックのタネあかしを2011年3月6日放映の情熱大陸 というテレビ番組で披露していましたので、ご紹介します。

 

マジックって知ってるだけで、できてしまう簡単なものもありますが、 タネを知ってしまうと「なーんだ」と思う人もいるでしょう。

 

タネあかしをする場合は、誰かれかまわずするのではなく相手を見きわめた中で行いましょう。

 

それでは、アイア&ユーキのアイさんが情熱大陸で紹介していたカードマジックの種明かしとやリ方をご紹介します。

 

とても簡単なカード当てマジックですよ。

 

カードの表をすべて見せる
まずはトランプを一組ずらーーと表を見せます。

マークと数字がバラバラであることを確かめてもらいます。

 

 

 

 

 

カードを裏返して束ねる
そして、トランプを裏側にして束ねます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カードを好きなところで分ける


相手に好きなことろから分けてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カードの右側のトップを見る


右側にあるカードの山の一番上を見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このカードはハートの9と言う
そして「このカードはハートの9」と答えます。

 

 

 

 

 

左側のカードのトップを見る

 


次に左側のカードの山の一番上のトランプを見ます。

 

 

 

 

 


ダイヤのエースと言う

 

そして「このカードはダイヤのエースです」と答えます。

 

 

 

 

 

 

カードを重ねる
そしてさりなくカードを重ねます。

 

 

 

 

 

 

 

2枚のカードを見せる
最後に2枚のカードを見せて、両方のトランプが合っていることを確認してもらいます。

 

 

 

 

 

このトランプ手品のタネあかしをアイ&ユーキのアイさんがやっていました。

 

こんなシンプルなやり方だけど、分からない相手にとってはとても興味を引く現象ですね。


カードマジック種明かし、トップカードを覚える
このカードマジックのタネあかしは、すべてのカードを相手に見せたときに、トップのカードを覚えてしまいます。

 

この場合はハートの9ですね。

 

 

 

右側のカードのトップを見て、ハートの9と言う


そして、相手が分けたところのカードを見ます。

 

ここで、どんなマークと数字であってもあなたが最初に覚えたトップカードの数字を言うわけです。

 

「このカードはハートの9です」と。

そう言いながらそのカードの数字とマークを覚えてしまいます。

 

左側のカードのトップを見て、さきほど覚えたマークと数字を言う


そして、次にもう一つのカードの山のトップからカードを取り上げて、あなたが、さっき見て覚えたカードの数字とマークを言うわけです。

 

この場合はダイヤのエースですね。

 

 

 

 

2枚のカードを重ねて右左すりかえる

そして、2枚のカードを重ねて、相手に2枚のトランプを見せるときには、

 

右に持っていたトランプと左に持っていたトランプをお互いすり替えて見せます。

 

 

このお互いにすり替えるところは相手に分からないように自然に見せるようにしてください。

 

カード当てが完成する
そうすると、2枚のカードが、あなたの言ったとおりに一致すうるということになります。

 

 

 


とてもシンプルなカード当てマジックですが、一瞬、「どうして分かったの?」と思わせることができます。


 

 

【スポンサードリンク】

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組