マジックを始めたいと思う初心者のあなたが人から喜ばれ、感謝され、あなたの地域で役に立つマジシャンになる

マジックが出来るようになりたい大人が学ぶ手品習得講座

デアゴスティーニのマジックの評判は

トランプマジック エレベーターカードがデアゴ・マジックNo2で解説されています

更新日:

デアゴスティーニのザ・マジックNo2では、トランプマジックの中でも有名な、エレベーター・カードが紹介されています。

 

このエレベーター・カードマジックの現象は、カードを下にを置いたと思ったら、上に来ていたり、上の置いたカードが、下に移動していたり、最後は真ん中に入れたカードが、上に移動する現象です。

 

マジックの現象が、カードが上にいったり下にいったりするので、「エレベーター・カード」と呼ばれています。

 

さっそく、デアゴスティー ザ・マジックNop2のDVDを見ながら、メイガスさんの解説どおりにやってみました。

 

「使うカードはスペードのエース、スペードの2、スペードの3」などと言って、見せます。

 

このカードを見せながら、一度、トランプのデックの上に戻していきます。

最初にスペードの3を戻して、

 

次にスペードの2を戻して

 

最後に、

 

スペードのエースを戻します

 

次に、トランプの束を左手に持って

 

カードを裏面にした状態でテーブルに置いていきます。上から順番としては、スペードのエース、

 

スペードの2、

 

スペードの3となります。

 

次に、残ったトランプの束を、左端のスペードの3の上に置きます。

 

そして、エレベーターの原理の説明などをしながら、「カードが上にあがってきます」といって、トランプの束の一番上を見せると、スペードの3のカードでした。

一番下にあるはずのカードが上に上がってきました。

次に、真ん中にある「スペードの2」のカードをトランプの束の一番上に置きます。

 

そして、「カードが下に移動していきます」と言って、

 

トランプの束の一番下のカードを見せると、スペードの2のカードでした。

一番上に置いたはずのカードが下に移動したことになります。

 

スペードの2のカードを手前において、トランプの束全体を裏返しにして、置きます。

 

最後に、スペードのエースを

 

トランプの束の真ん中あたりに入れます。

 

すると、

 

スペードエースは、一番上に移動しました。

 

以上がエレベーターカードの現象です。

シンプルなのですが、非常に不思議なマジックです。

このマジックを習得するには、一つのテクニック(技法)を身に付ける必要があります。

そのテクニックについても、DVDの中で、メイガスさんが丁寧に教えてくれます。

すぐに!、簡単に!できるとは言えませんが、やることはシンプルです。

何度も練習して、スムーズにできるようにならないと、このマジックは成立しません。

 

私も、このエレベーターカードで使われている技法はいままで、使ったことがなかったので、あらためて練習をしています。

 

非常に応用範囲が広い技法です。

今後、トランプマジックを習得する上では、いろいろな場面で使う技法です。

力の入れ具合や、指の位置などなんども繰り返して慣れていくしかないです。

でも、この不思議な現象を演じることができるとなると、練習のしがいがあります。

 

また、このトランプマジックは「エレベーター・カード」というタイトルの作品なので、このマジックを披露するときは、エレベーターに関する自分の経験談を話しながら、マジックを見せると、相手に興味をもってもらい、面白味が増してくることと思います。

 

トランプマジックは、あまり長く見せすぎると、相手からすぐに飽きられる可能性もありますが、このマジックはテンポも良いです。

 

また、相手に一枚のカードを覚えてもらう、という負担もないので、お客さんも気軽に見ることができる、とても使えるマジックだと思います。

 

-デアゴスティーニのマジックの評判は
-, , , , , , ,

Copyright© マジックが出来るようになりたい大人が学ぶ手品習得講座 , 2019 All Rights Reserved.