マジックを始めたいと思う初心者のあなたが人から喜ばれ、感謝され、あなたの地域で役に立つマジシャンになる

マジックが出来るようになりたい大人が学ぶ手品習得講座

デアゴスティーニのマジックの評判は

デアゴマジックNo3のトランプマジックは、カードが一致するととかっこいいです

更新日:

デアゴスティーニ マジックNo3のトランプマジックは、相手が選んだカードを当てる、というマジックです。

ドゥ アズ アイ ドゥ

作品の名前は、ドゥ アズ アイ ドゥ Do As I DOと言います。

「私の真似してごらん」、という意味です。

今回のカードの当て方は、2組のトランプを使って当てるやり方です。

ですので、2組のトランプを用意することになります。

デアゴスティーニのマジック1号では、トランプ1組がついてきます。

もう一つは、自分で持っているトランプを用意しましょう。

100円ショップでもトランプが販売されていますので、それを使ってもかまいません。

ただ、見栄えにこだわるのでしたら、色が違うものを

使うのがよいでしょう。

例えば、トランプマジックで、マジシャンがよく使うものは、「バイシクル」というものがあります。

バイシクルは、赤と青のデザインされたものがありますので、今回は、赤と青のトランプを使います。

Do As I DO

それでは、現象を説明しますね。

ドゥ アズ アイ ドゥは、私の真似してごらん、というくらいなので、マジシャンは、お客さんに、同じ動作をしてください、と言います。

最後には、お客さんが選んだカードとマジシャンが選んだカードが一致するという、カード当て現象です。

まず、おたがいのトランプをよくシャッフルします。右側がマジシャンです。左側はお客さんです。

トランプをシャッフルする

よくシャッフルしたら、トランプをお互い交換します。次に、お客さんに、1枚好きなカードを選んでもらいます。マジシャンも一枚、選びます。

お互いトランプを交換する

 

ここで、先にマジシャンは、お客さんが選んだカードを当てようとしますが、間違えてしまいます。そこで、もう一度チャレンジします。

「もう一回やってみます」と言い、同じ動作をやってもらいます。

テーブルの前には、トランプの束がありますので、そのトランプを2つの山に分けます。

トランプを2つの山に分ける

そして、さきほど1枚出したカードをトップに置きます。

カードをトップに置く

 

そして、残りのカードの山を上に積んで、1枚のカードを真ん中くらいに入れてしまいます。

カードを重ねる

 

そして、お互いのカードを交換して、もう一度、相手にはさきほど覚えてもらったカードを1枚出してもらいます。マジシャンも、1枚カードを出します。

交換して覚えたカードを前に出す

最後には、お客さんが選んだカードとマジシャンが選んだカードが一致しています。

お互いのカードダイヤの7が一致する

このトランプマジックの重要な点は、演技力です

一度、相手のカードを当てるのを、間違えたフリをしなければなりません

そこからの行動が、さりげなくできるかどうかが、このマジックの成功のカギを握っています。

このタイミングやしぐさは、参考となる演技を見ておくことが、最適です。

あとは、実践で磨いていくことになります。

もう一つ、注意点があります。

それは、一度、カード当てを間違えたとき、相手が選んだカードをすぐに、開けてしまわないように注意しておかなければなりません。

私が、一番最初にやってみたときは、相手のカードを間違えた瞬間に、「違うよ」と言われて、と同時に、お客さんが覚えたカードを表向きにされてしまいました。

次の展開にもっていくように誘導するためには、やはり演技力が必要だと思いました。

最後に、お互いのカードが一致している瞬間は、とても驚くことと思います

デアゴマジックNo3のDVDの演技では、カードが一致した後、メイガスさんと女性が、一致したことを喜びあって、「ハイタッチ」をしています。

あなたは、好意をよせている人と一緒に、このトランプマジックをみせることもできるし、相性占いみたいな演出をしながら、このトランプマジックを見せるのも面白いかと思います。

-デアゴスティーニのマジックの評判は
-, , , , ,

Copyright© マジックが出来るようになりたい大人が学ぶ手品習得講座 , 2019 All Rights Reserved.