メインメニュー

手品上達のコツ

簡単手品の種明かし

サブメニュー

リンク集

お問い合わせ

個人情報保護方針

トップ > 手品の本・DVD > 保育士さん手品

 

これから手品を習いたい方へ

マジック・手品通信講座 無料の資料請求はコチラから

 

子どもの集中力が切れる前に手品をみせなきゃ

 

保育士さんって、「手品ができたらいいなぁ~」

って思っている人って多いですよね。

 

 

あなたもそうですか?

 

 

簡単な手品を見せて、子どもから称賛を浴びたり

尊敬の目で見られたりしたいと思っていますか?

 

 

 

よく、お誕生会とかでも、

子どもや保護者の前で何かをみせなくちゃ

ならないこともあるんじゃないでしょうか?

毎回、考えるのが大変でしょう。

 

 


忙しい毎日ですので、

それほどじっくり練習する時間がないので、

 

 


できるだけ簡単で、

子ども達が驚くものを演じてみたいと思って当然です。

 

 

 

マジッククリエーターの藤原邦恭さんが
Youtubeで、簡単な手品を紹介しています。

新聞紙と紙コップを水を使った手品です。

 

 

 

 

 

種明しの動画もYoutubeで紹介されています。

 

 

 

 

 

このように、保育の現場で見せる手品は、

日用品を使うことと、現象がはっきり分かりやすいものを

使うのがよいです。

 

 

 

日用の中で、新聞紙に水をかけると

びしょびしょに濡れてしまって、

水が床に落ちてしまう、というのが常識です。

 

 

 

この常識からかけ離れたことを見せることに

よって、子どもたちは驚きます。

 

 


藤原邦恭さんは、たくさんの手品の本を出版しています。

 

藤原邦恭 マジック本

 

 

 

私が保育士さんにおすすめしているのは、

「10秒マジック」です。

 

子どもと楽しむ10秒マジック―保育で役立つ4大場面別手品ベスト25

 

このコンセプトが素晴らしいです。

 

 

 

なぜなら、子どもの集中力は長く続きません。

あ、保育士さんなら十分、分かってましたね。

 

 

 

そうすると、長ったらしい説明が多くなると

すぐに集中力が切れて、話をきかなくなってしまい、

こっちを見なくなりますね。

 

 

 

とすれば、その集中力が効いているうちに、

手品を見せると、見続けてくれますね。

 

 

 

10秒で手品の現象を見せる、というコンセプトで

紹介しているが、この10秒マジックです。

 

子どもと楽しむ10秒マジック―保育で役立つ4大場面別手品ベスト25

 

ハンカチ、折り紙、紙袋、など身近できるものや、

自分で作って用意するものなどが、紹介されています。

 

 

 

しかも、藤原さん自らが演じている、

演技のDVDもついてきますので、見せる際にとても

参考になります。けっこうお得感があります。

 

 

 


さきほどの、新聞紙に水を入れる手品でも、

 

新聞紙の代わりに、小さな紙で鯉の絵を描いた

ものを使って、鯉が水をゴクゴクと飲んでいるという設定で、

演技をしているものも紹介されています。

 

 

 

保育士さんが手品をはじめたいと思ったら

手元においておきたい一冊になるでしょう。

 

子どもと楽しむ10秒マジック―保育で役立つ4大場面別手品ベスト25

 

 

 

メインメニュー

マジックを始める

 

手品グッズレビュー

手品の本・DVD

マジック習得の秘訣

手品・マジック番組